2015年12月06日

ザ・クイーンズ 結果(最終日)

女子プロゴルフ世界戦「ザ・クイーンズ」初代女王はは、日本チーム(上田ジャパン)!渡邉彩香が最終18番のバーディーで、猛追する韓国を突き放し3ポイント差で逃げ切りました。


無敗で最終日を迎えた日本チームは、2位韓国に8ポイント差でスタートしましたが、大山志保が今大会チーム初の敗戦を喫するなど苦しい試合が続き、韓国の猛烈な追い上げにあって勝負は最後までもつれました。

終盤、勝負のカギとなったのは日韓直接対決。渡邉彩香が一時の2ダウンから盛り返し、1アップのリードで迎えた18番、先に打ったバーディーパットを見事に決めて、2試合を残した時点で優勝が確定しました。


日本チームは最終組の上田桃子も敗れましたが、渡邉と菊地絵理香、笠りつ子の3人が3連勝と大きく貢献し、また大会を通じて負けが2試合だけと地元の維持を見せ、この日9戦8勝と見事な試合を見せた韓国を振りきりました。

最後までハラハラした面白い大会でしたが、日本が今年1年リードを許した韓国に一矢報いたしあいになりましたね!


posted by lpga at 17:16| 女子ゴルフ結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
女子プロゴルフ」の先頭へ